アプリ開発を始めよう

アプリ開発の間口は広い!独学で学んでチャレンジできる!

独学でのアプリ開発と転職

アプリ開発を行うスマートフォン向けのプラットフォームはAndroidやiOS、WindowsPhoneなどがあり、この内AndroidとiOSがシェアのほとんどを占めています。

独学でアプリ開発にチャレンジするには、これらの各環境に対する知識やプログラミングの技術が必要になります。そのため学習方法として書店で参考書を購入したり、チュートリアルビデオを利用したりなどが有効です。その他に地域によってはSNSなどを通じて有志による勉強会が開かれている場合もあります。そのようなコミュニティに積極的に参加して開発者同士で情報交換をするのも効果的な学習方法だと考えられるでしょう。

独学によって技術を身につけた個人開発者がスマートフォンアプリのエンジニアとして転職を目指すケースもあります。転職した際の待遇は入社した企業や配属された現場によって様々ですが、スマートフォンが普及しアプリの市場も拡大したことから、アプリ開発にかける費用は増加傾向にあると言えます。

それに伴い、スマートフォンの普及当初に比べ、開発期間を短くし、より効率的なスケジュールを採用する企業が増えています。また、アプリを利用した新しいWEBサービスの開発の場合などにはスピードも大切なため、スケジュールがタイトになりやすく、リリース前には忙しくなる傾向があります。トラブルが発生した時やサービス開始前にはエンジニアも忙しくなる傾向がありますが、アプリ開発は現在のトレンドでもあるため、技術力と経験を身につけていれば、忙しさに見合った待遇の仕事を得ることは可能だと言えるでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です