アプリ開発を始めよう

アプリ開発の間口は広い!独学で学んでチャレンジできる!

チャレンジに遅いということはない

独学でプログラミングを学び始め、アプリ開発にチャレンジしてみるという人はたくさんいます。アプリはスマートフォンの普及によって非常に身近な存在となっており、「ここを改良したらもっと良くなるのでは?」「自分だったらこんなものを作るのに!」といった発想を得やすいことも、チャレンジする人が多い理由の一つになっています。

ところが、新しいアイディアを抱いたとしても、「未経験の自分が、今更勉強しても遅いのではないか」と諦めてしまう人も中にはいることでしょう。確かに、十代や新卒の頃ならばともかく、三十代や四十代といった年齢になってから、全く新しい技術を学び始めるということは、非常に勇気がいることと言えます。

しかし、プログラミングは手元にパソコンさえあれば、学び始めることができる技術です。このため、他業種の企業を定年退職してから、趣味として独学でプログラミングを始めるという人もいます。ポイントは、日進月歩する技術や変化に対して貪欲に学び続ける姿勢や気力があること、そしてアプリ開発という目標をしっかりと持つことです。

プログラミング言語は非常に多岐に渡るので、全部を普遍的に学ぶということは困難です。一方、「こんなアプリを作りたい」というイメージや理想があれば、それを目指してチャレンジしていくことができます。「どんなものを作り上げたいか」を明白にして、その熱意や目標を持っていれば定年や限界といった考え方は不要のものにできるかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です